矯正歯科

矯正歯科

歯科矯正とは、悪い歯並びや噛み合わせを治す治療のことです。歯を削ることなく、器具(矯正装置)を装着することでゆっくりと歯や顎を正しい位置に動かします。
歯並びが著しく悪く、歯がきちんと噛み合わない状態のことを「不正咬合(ふせいこうごう)」といい、そのままにしておくと体や生活に支障が出ることもあります。

不正咬合のデメリット

不正咬合のデメリット
  • 歯は消化器官の一部なので、物を噛み砕く機能が低下することにより胃腸への負担が増える
  • 言葉が明確に発音できない、見た目が気になることから劣等感が生まれる
  • 顎が噛み合わないため歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯槽膿漏、口臭の原因になる

この他に、不正咬合の種類によってさらにデメリットがあります。

不正咬合の主な種類と症状

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突

いわゆる出っ歯です。上顎が過度に成長、または下顎が上顎に比べて奥に引っ込んだ状態です。歯が極度に前に出ている場合、物にぶつけるなどして歯が折れる原因になります。

反対咬合(受け口)

反対咬合

下顎が前に出ている状態です。うまくものが噛めず、言葉の発声が不自由なことがあります。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合

歯を噛み合わせると、下の前歯が隠れるほど上の前歯が覆い被さる状態です。下顎がうまく動かせないので、口の周りの発育が妨げられる可能性があります。

開咬(かいこう)

開咬

上と下の前歯の間が空いてしまう状態です。先天的なものと、指しゃぶりが長く続いたことなどが原因の後天的なものがあります。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合

上下左右いずれかの奥歯や前歯が横にずれており、顔が曲がるなどの症状が出ます。こちらの原因も指しゃぶりが長く続いたことによるものが考えられます。

叢生(そうせい)

叢生

乱杭歯(らんぐいば)または八重歯です。一部の歯が大きすぎる、顎の幅が狭いなどで歯のスペースが足りずに歯並びがガタガタになる症状です。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列

すきっぱです。叢生とは逆にスペースがありすぎて、歯の間にすき間ができます。

主な矯正の方法

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

歯の外側か内側にワイヤーとブラケットを付けます。

内側に付ける方法は「舌側矯正(裏側矯正)」といい、器具が見えないので目立ちません。

歯が動く痛みとワイヤーなどが口の中に当たる痛みがあり、傷や口内炎の心配がありますので、定期的にワイヤー調整を行う必要があります。